忍者ブログ
毎回の活動を、当日参加した会員が交代で記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【活動日】4月8日
【記録者】イチヨシ
【参加人数】7人
【活動場所】図書館第5グループ閲覧室
【時間】6時から8時前

こんにちは。いちよしです。この日は新入生が一人と前に見学に来てくれた子が参加してくれました。彼らは積極的に発言してくれてよかったです。では早速ですが、出た意見をまとめていきます。

『月へいく』
・日本文学からあえて離れた感じ。レイ・ブラッドベリのような感じを受けた。
・あえて火星人の描写を小出しにすることで、読む楽しみを読者に与えている。
・映像を想像させる。想像したらおもしろい。
・恋人のくだりは、村上春樹のような感じもした。
・これを長編にしたらだるいけど、短編の良さが出ている。
・タイトルのセンスがない。→いや、この直球さがいい。
・この短編の売りは、よみやすさ、ニュアンス、単語の選択(ポカリスウェットなど)にある。→星新一のような、落ちズドンのようなものとは違う。
・同じような言葉が出てきている。この短さなら被らない方がいい。
・火星人を出すのはズルイ。作者の描き放題。→しかしその火星人を面白いと思わせたなら、勝ち。

この小説は、わりとみんなに好評でした。話としてはぶっ飛んでいるのですが、それを短編だったのが良かったのかもしれません。大きなテーマのようなものは感じさせませんでしたが、登場人物の心情の起伏を楽しむ小説だと言っていました。

『蟻と私の居場所』
・読点が多い。→読みにくい。一文が長いから、意味が通るように読点を打つことを優先したのではないか。
・アスタリスクが多い。→アスタリスクの使い方は?大きな隔たりがある時に使う。
・最後の「蟻のベールが……」のところが、もういいやって感じを出していて良かった。
・外人としゃべれないから、蟻としゃべってしまう悲しさ。→アリにまで馬鹿にされる主人公。
・全体として紀行文を思わせた。旅先の様子を書いたエッセイのようだ。

アスタリスクの使い方について、みんなで話し合いました。行間やアスタリスクなど、あまり文を書くこととは関係のないように思えますが、読者の読みを左右するものなので、案外大切ですね。この小説の終わりは、続く?、となっていますが、続かないともっと非難ごうごうの合評になるとみんなは言っていました。続きにきたいです。


まあ、そんな感じで合評は終わって、みんなで花見に行きました。平野神社の桜は満開です。フランクフルト、おいしかったなあ。あと2回生の子がサークルに入ってくれました!やったね。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
ごくごく普通の例会なんだろうに、
とても楽しそうに見えるのはなぜだ。
ちとう 2010/04/10(Sat)11:46:19 編集
» 無題
先輩だー(゚∀゚)

お久しぶりです!
元気ですか!?
元気ですか!?
コウキ 2010/04/10(Sat)15:31:55 編集
» 無題
うおー先輩!元気ですか!
いちよし 2010/04/10(Sat)21:14:44 編集
» 無題
君たち、俺とマイミクになろうぜ。

ちなみに仕事は忙しい。
ちとう 2010/04/12(Mon)21:11:16 編集
» 無題
これか!
うわさの「先輩がかわいいコメント書いてくれてる」!笑
なんかこう、日誌を通してOBの先輩が応援してくれてるのってすごい嬉しいですね。
曽我部 2010/04/19(Mon)00:36:08 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 立命・文芸創作同好会 -活動日誌- ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]