忍者ブログ
毎回の活動を、当日参加した会員が交代で記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【活動日】4月9日
【記録者】山本
【参加人数】6人
【活動場所】図書館第5グループ閲覧室
【時間】6時~

今となってはこんばんはというべき時間帯ですが、僕は今起きました。
徹夜するといけませんね。
生活リズムが崩れます。


この日は、一回生の子も一人来てくれました。
本当にありがたい限りです。

さて、早速合評の内容に入っていこうと思います。
今回の合評は、『party』でした。

・全体的に書こうとしている内容は面白い。
僕個人的にも非常に好みなので続編を読むのが楽しみです。

・前半に色々と詰め込みすぎて、出だしが分かりにくい。
特にページとしては一枚目。前半に色々と情報を出しすぎても読者は追いついてこない

・メールの部分が長すぎる。又、メールらしくない使われ方がされている。
具体的には、メールだと文章だから何個も一気に質問したりとか出来るのに、全くされていないなど。

・後半のシバサキと玲子の会話シーンに違和感がある。
「戦いにはヒロインが必要なのです」以降、普通に考えれば玲子が引いてしまうような話をして説得しようとしているため、読者からみて、会話そのものに違和感を感じてしまう。
展開上、説得するだけの話である以上もう少し説得的な話であるべき。

・最後の一ページがとても分かりにくい。
待てるは勝利か死か、という表現そのものが分からない。
会話の意味そのものが汲み取れない

といったような話が合評で出てきました。
他にも、登場人物がありえない、筆者と違う性別を主人公にすえるのは難しいなどという話も出ていました。



さて、上記のように合評で出た意見は比較的筆者に対して辛辣なものが多かったように感じます。僕自身も批判を結構したと記憶してます。
しかしながら、常に褒め続けるとかそういうものはそもそもの目的を見失っていることになります。結局のところ、褒めることと批判することがバランスよく出来ていると一番いいのでしょうけれど中々それは難しいことだと思います。

なんだかんだで僕も上級生になってしまったので、このへんのバランスとかをいかに上手く言えるようになるかを意識して頑張っていけたらなと思いました。



以上、山本でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 立命・文芸創作同好会 -活動日誌- ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]