忍者ブログ
毎回の活動を、当日参加した会員が交代で記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

順番が前後してしまい、本当に申し訳ありませんでした。
初めて更新するにあたり苦戦しました。
苦戦した原因があんな単純なミスだったことに気付いたときは少しショックでした。
このことは胸にしまっておきたいと思います。

【活動日】十月六日
【記録者】やまもと
【時間】六時~七時半
【場所】図書館第六グループ閲覧室
【人数】六人

今回は、僕の書いた「鳥かご」と林先輩の「逃亡者」を合評しました。

まず、「鳥かご」から。

・予想通りの展開だった。+αのものが必要。
・展開として出発点に過ぎない。
・文体の基準が絞れていないので、何を意図したのか分かりにくい。
・母親に描き方が極端すぎる。
・展開の理由付けが非常に弱い

僕自身も、これでは駄目だなと思っているところばかりを指摘されたのでとても納得のいく指摘でした。初めて小説を書くにあたって、どのように話を展開させていけばいいのかというのかが今ひとつ見えてこなくて、小説を書くのはこんなにも難しいのかということを実感しました。
先輩方の指摘などを参考にしながら、少しずつ納得の出来る小説がかけるようにしたいと思います。

次に、林先輩の「逃亡者」

・大輔は主人公に対して何が優位なのか分からない。
・語り口がよく、リズムが良い。
・最後の台詞に含みがありすぎるのではないか?
・姉と姉さんの使い分けをもう少しきちんとする。例えば、姉は三人称で通じるところ、姉さんは一人称で通じるところといったような感じに。
・大輔と喧嘩しているところが面白い。
・母親の存在意義は?

全体として非常に面白い作品だったと思いました。特に、出だしが僕としては非常に良かったと思っています。ただ、誰が何から逃げているのかという意見も出ていたことも考えると筆者が伝えようとしていたことそのものは面白さほど伝わっていないのではないかなぁと思いました。そもそも逃げるとは何かというのをきちんと考える必要があるのかもしれません。

それにしても、本当に寒い季節になってきましたね。
これだけ寒いと風邪をひいたり、インフルエンザにかかったりと大変な目にあいかねません。
身体にはくれぐれも気をつけて、健康的に合評をしていかないといけないですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 立命・文芸創作同好会 -活動日誌- ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]