忍者ブログ
毎回の活動を、当日参加した会員が交代で記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【活動日】10月23日
【記録者】智東
【時間】18時から1時間半ほど
【場所】図書館グループ学習室
【参加した人数】6人

【活動内容】
どうも、いまだに原稿を提出していない智東です。
この日誌をまとめたらすぐにでも取り掛かろうと思います。
……間にあう……よね?(自分への問いでもある)

今日の活動は昨日と同じ2作品の合評。
昨日と異なる参加メンバーが私だけだったので、普段の例会に比べると私が喋る量が多かったような気がします。


『デイドリーム』に関しては、背景知識を知っていないと結末を理解することができないことが最大の問題のように思われます。
私なんかはわりと刑務所(や拘置所)が登場する小説やドラマなんかをよく見るので「あぁそういうことか」と思い当たることができましたが、できなかった人もいるようで。
もう少し描写の量やヒントを増やす必要があるのかも。

「先のない」人間が過去を求め、次第にその区別がつかなくなっていく、という展開には迫真性があってよかった。
それを「夢」というツールを使って表現することには賛否両論だったが、読者の興味をひくことにはある程度成功していると思われます。(だからこそ、最初にあげた問題はクリアされる必要がある)

(あと、岡崎と駒田のサインがあって、途中で駒田のサインだけなくなるところがいいです。主人公はきっと巨人ファンですね。小ネタですね。私は野球好きで、そして万年フリーエージェントです。著者は横浜ファンのようです)



『その飛行機、ハイジャックにつき』
「キャラクターの面白さ」と「ハイジャック現場の混乱を描写した勢いのある文体」だけで十分に読めるのではないかと思います。
笑えた。ニヤニヤしながら読んだ。
(おかげで私は、また変人扱いだ)
機関誌には毎回一つくらいこういう作品があるべきかもしれません。

終わり方に疑問を持つ会員が数名。
群像劇だと思っていたら途中から焦点が一つに固まって、他のキャラクターに関する描写が少なくなってしまうところです。
まぁ「仕掛け人」が彼らである以上彼らが主役級の活躍をするのはもっともですが、少しもったいない気も。
話に展開させようとする試みと唐突さが紙一重。

「ストーリー」を書くというのは難しいのですね、うん。
私も挑戦したい。


まぁ他にも意見がありましたが、昨日とかぶる部分も多いのでこんなところでやめておこうと思います。
それではまた来週。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 立命・文芸創作同好会 -活動日誌- ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]