忍者ブログ
毎回の活動を、当日参加した会員が交代で記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【活動日】4月23日(金)
【記録者】市川太郎
【時間】18:00~19:30
【場所】清心館541
【参加した人数】4人
【活動内容】茂里安「誰がための絵(仮)」、市川太郎「月へ行く」の合評

とても久しぶりです。半ばはじめましてです。
多分年単位ぶりです。市川太郎です。

一度、退会してカッコ悪いことに戻ってきて、ちゃっかり機関誌に乗せてもらって、ちゃっかり合評などしていただきました。
ということで4月23日の活動記録です。

まず「誰がための絵(仮)」から。

・全体的に漫然とした印象
 視点の問題。誰が、誰を、どう見ているのか、という視点の在り方の判然としなさがひとつの曖昧さを形作ってるのではないか。(三人称だからといって、「誰が」見ているのかという問題を無視することはできない)

・人物が全体としてキャラクター染みている。主人公に魅力がない。
 言うなれば、人物へのバイアスのようなもの。主人公にせよ、翠にせよ、途中出てくるおじいさんにせよ、「キャラクターの設定(傾向)」のようなもの、もしくは、作者が持っている人物の人物性に対する偏見から人物として形作られている感じがする。
 たとえば、おじいさんなら「優しいおじいさん」はこんな感じ、子どもなら「無邪気な子ども」はこんな感じ、というなんとなく傾向で人物が存在しているので、リアリティに欠けているのでは。

・全体として綺麗だけど、綺麗さに違和感。もしくは綺麗なだけになってしまっている。または長い。
 上の視点の問題にも若干絡んでくるところだと思う。「誰が」見ているのかが判然として来ないと、そこに扱われる言語体系も判然としなくなってきて、判然としないまま言葉が選択され、小説全体の文法が崩れてしまっている感じ。
 情景描写というものが、物語に対して駆動するようなものでなければ、その情景描写がその作品において必要なのかどうか、ということに関しても意見が出ました。この作品は、物語と情景描写がうまくかみあっていないのでは。

・「死」といった問題に取り組んでいく姿勢はいいと思う。
 ただもっと踏み込める領域があるはず。

・遊び方がやや下手。もう少し不真面目になってもいいのでは。

・美大という場所を描いていても、何かもっとディテールなどへの書き込みも必要なのでは。

・タイトルは微妙かも?

全体として、なんだか漠然とした印象でした。
前半のがつがつ書いてるのは、割とぼくががつがつ言った部分です。


次にぼくの「月へ行く」。

・タイトルが微妙。

・読んだ後に感想のもちようがない。深読みするのがナンセンスになってしまう。というか感想言いにくい。

・なんで月へ行った?

・エピソードのはさみ方のうまさ。

・春樹が短編集のあとがきで書き足した文章みたい。

・そういう小説として読めば完成度が高いけど、やっぱり嫌い。



ぼくもタイトルは微妙だと思うんですが、他に思いつかなかったんです。
候補としては「来訪者」、「火星/月/遠い、小さな場所」とかあったんだけど、なんか微妙で、微妙な中でいくらかマシなものとして「月へ行く」でした。
ていうか、どうでもいい話なんですけど、「ぼく」と「火星人」は別に月へ行ってないんですよね、というのが結局言いだせなかったです(笑)
月へ行ったのは「ぼく」が適当に考えただけで、実際別に月へ行ってないんだけど、行ってるっていう方向で半ば全員一致で話が進んでいて、あ、そう読まれるのか、というのが一番の驚きだったんですが。あれ、本当に月へ行ったと思って読まれていたんですよね? 勘違いでしょうか。

最近、「視点」の問題をよく考えています。
視点の構造をどういう風に作り替えていくことができるのかというのはひとつの課題だと思います。
そして、しっかりと視点を形作ることが面白い小説の第一条件なんだろうと思います。

あと物語に関しても少し悩んでいます。
自分で取り扱える物語の幅なんかをよく考えています。大それたことはむずかしそうです。
でも物語なしには、時間が進みません。
つまり小説の時間を進ませるために、物語というものが必要なのだろうとは思いますが、その物語にしても、きっと物語っぽいものはたくさんあっても、本当に物語なものというのは探すのが大変です。
きっと足りないのはそこへ踏み込む勇気だろうと思います。

最近、ロベルト・ボラーニョの長編「野生の探偵たち」という小説を読んでいます。
消えたひとりの女流詩人の行方を探しに砂漠に旅立った二人の若者の行方を、何十人もの人間がインタビューに答えて行く中で探って行くと言う小説です。
非常に面白いし、ぼくは最近この人みたいな作家になりたいと思っています。
面白いので、ぜひ読んでください。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 立命・文芸創作同好会 -活動日誌- ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]