忍者ブログ
毎回の活動を、当日参加した会員が交代で記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【活動日】5月9日(更新が遅くなりました。すみません)
【記録者】ムラマツ
【時間】18時から19時40分
【場所】図書館グループ閲覧室
【参加した人数】7人

【活動内容】
テーマ「階段」にちなんだ小説の合評
高村綾「犬と階段」(2回目)
いくた真一「十三段目」(2回目)

【感想のようなもの】
 お元気ですか?
 私はムラマツという者です。当サークルの前年度会長をしておりました。
 引退してからも大体毎回来ています。サークルが好きなので。

 さて。
 当日は盛り上がりました。

 まず、いくたくんの作品について。
 「あらすじ的になってしまっているところがあるからそこをもっと詳細に書いてほしかった」「主人公がなぜこのような行動に至ったかわからなくて唖然とする」「多く書いてから無駄を削っていくといい」「もっと引っ張ってもよいのでは」「一人称だと面白いかも」「階段が13段って短くね?」などなど……
 わーわー言うとりますが、こんなもの全て採用する必要はまるでないわけで、いくたくんには軽やかにしなやかに、自分の考えで前へと進んでいただきたいとワタクシ、思っております。
 ただ、そのためにはさらなる自由さと見たこともない熱心さで小説に取り組むことが、今後必要不可欠になってくると、個人的には感じています。
 甚だつかみどころのない話ではありますが。

 次に、高村さんの作品について。
 この作品合評を始めるとすぐに、女性会員の側から熱のこもった意見が挙がってまいりました。
 曰く、この主人公の性に対する実感は、リアルに女性が抱いている感覚である、とのこと。
 (ちなみに本当はもっとかわいらしい口調で言っていました。男性会員募集中)
 「女性が抱く性意識、男性が抱く性意識、その乖離を描いた、女性としてとても共感できる作品」
 「本当にこういう男はいる」
 「読んでいてわかるわかる!と思えるエンターテイメントとして成立」
 「ミステリー小説家登場の必然性は?」「主人公の偏った視点」「前向きな方へ向かっていない」「結末部のドタバタはなんですか?」etc....
 男女入り乱れての意見交換でございます。
 ただ、皆さん共通してらっしゃったのは、表現力・描写力の点では嫉妬を覚えるほどのものを、今回見せ付けられてしまったなあということ。そして、大学生サークルでは気持ちがふっ切れるまでなかなか書きにくい「性」を題材に用いたことは、サークルにとって非常にプラスであるし必要なことだったということ。この二つは、手放しですばらしいと言えるものでした。

 

 ここからは私見ですが。

 本当にこの作品で登場する「馬鹿な」男性は実際にもいます。むしろ一般的と言えるくらいにありふれているのかもしれません。女性としてはそういう人と付き合って感じる噛み合わなさを歯痒く思ったりもしていて、けどその歯痒さを男はやっぱり絶望的にわかってくれなくて、同じ女性がこうして小説にして表現したときに「そうだ!」と思って共感するのだと思います。

けど、男性として(という言い回しが適切かどうか判断に苦しみますが)少し思うところもあります。

セックスと愛を混同する。AVの真似事をする。など、こういう男性の「馬鹿な」部分は、オトコノコだったら誰でも一面として内に持っている側面ではあると思います。そして、本作中では徹底的に無視されていますが、大抵の男性はそんな自分を嫌悪します。

しかし「サイテイだーサイテイだー」とどれだけ喚いたところで、30分後にはサイテイな自分が何食わぬ顔で立ち直ってくるのが男性性の馬鹿さの骨頂なわけで、やっぱり自分でも阿呆だなーと思うことをまた女性にしてしまったりするのです。(一般的な話です!)

 先述したとおり、この小説の男は自分の馬鹿さに悩むそぶりなんて一つも見せませんでした。これを読んだ女性は、「オトコってみんなそう!」って思ってしまうかもしれませんね。男性が少し文句を言いたくなるのも、わかるような……? どうでしょう。

 でもこの小説が女性へ向けた、女性のための、なんというか、「あーあ、なんで世界ってこうなんだろ、いやんなっちゃうよね!」の小説なら、そこに男性の葛藤なんて邪魔なだけですからいらないと思います。エンターテイメントだったら楽しんだもん勝ちなのですから「批判は受け付けません、以上!」で終了、お粗末サマ。てな具合。

 個人的には、「サークルに一石投じた衝撃作!」という見出しくらいはつけたい、いい作品だったと思っています。よい合評会になりましたしね。

 ムラマツでした。さようなら。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
>本作中では徹底的に無視されていますが、大抵の男性はそんな自分を嫌悪します。しかし「サイテイだーサイテイだー」とどれだけ喚いたところで、30分後にはサイテイな自分が何食わぬ顔で立ち直ってくるのが男性性の馬鹿さの骨頂なわけで、やっぱり自分でも阿呆だなーと思うことをまた女性にしてしまったりするのです。


 おおお、この合評聞きたかった……!!
 やっぱ、いろんな立場のひとが集まるからいろんな意見が出て面白いですね。結局ジブンに分かるのってジブンの気持ちだけですから。今回はほんと、女性視点オンリーで書いちゃったので、みなさんの意見聞いて男性視点も入れられたらもっと面白くなるかな。ってゆうか書いてる自分が面白そう笑。
 ここパクっていいですか??笑 むっちゃ「あーそうなんだーそっかー」って思いました。ちょっと書き直してきます。笑
 あとみんなの意見をメモとかしてあったら、メールでまとめて送ってもらえたら嬉しいなぁ~とか……♪ 御手数おかけします;
高村 2008/05/12(Mon)21:24:40 編集
» 無題
いつも思うんだけど、

……日誌はムラマツさんがイチバンうまい。
ちとー 2008/05/12(Mon)21:45:34 編集
» 高村さん
 たぶん高村さんが抜粋なさった部分は合評では言ってなかったと思います笑。
 でも本当に熱のある楽しい合評会だったので、高村さんも参加できていればさらに盛り上がったでしょうね。
 私が覚えていることはすべて日誌に書きましたが、できれば一人一人に感想をお聞きになることを勧めます。みんな意気込んで語ってくれると思いますよ。
 改稿版を楽しみにしています。
ムラマツ 2008/05/12(Mon)22:22:43 編集
» ちとーくん
そんなことを言われると、私は照れてバターになってしまいます。
ムラマツ 2008/05/12(Mon)22:25:01 編集
» 無題
やっぱりうちには村松さんがいないとなあと思いました。
うーん、
卒業しないでください
たかせ 2008/05/15(Thu)22:47:46 編集
» たかせさん
単位が足りなかったときの言い訳にさせてもらいます。
ムラマツ 2008/05/16(Fri)16:54:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 立命・文芸創作同好会 -活動日誌- ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]