忍者ブログ
毎回の活動を、当日参加した会員が交代で記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【活動日】6/15(月)
【記録者】木林 黒白
【時間】18:00~19:30
【場所】図書館会議室(5)
【参加した人数】8人


梅雨ですね。あまり雨降りませんね。
過ごしやすい梅雨ってかえって不気味。

お久しぶりの木林です。帰ってきました。

本日は
『追悼』水沢暮
の合評でした。



以下出た意見。

・登場人物に年相応のガキ臭さが感じられて良い
・会話文が読みやすくなった
・葬式で悲しんでいる人がいない?
・タイトルには再考の余地がある
・主人公の人間関係の描写が希薄
・「””」の使用は強調過剰か?
・章が洋子からメールをもらったときの反応が淡々としすぎ
・今どきの女子高生はメールにタイトルをつけるか?
・メールタイトルの「!」は狙いすぎ
・洋子の性格をもう少し行動などの描写で説明した方がいい
・細かい修正数点(助詞など


今回の作品は体調が悪い中、徹夜で仕上げたそうで、頭が下がる思いです。まあそのためか、所々に誤字があったり、書き足らない内容があったりで、まだまだ未完成の状態だったと思います。また完成した作品を読んでみれば新たな感想が出できそうですね。

今回の作品は彼の実際の体験に基づいているのだそうで、それ故に心情表現のリアリティには目を引くものがありました。
上に出た意見の他にも、「自分の体験とリンクして内容に実感が持てた」というものが出たんですが、これもそのリアリティにより引き出された意見だと考えられます。

自分の体験をそっくりそのまま参考にする、というのは大味ではあるけど、作品にリアリティを出すにはとても有効な方法であると思います。

読者の体験に語りかけるようなリアリティというのは、「惹きつける力」を生み出すような気がします。
テーマへの誘導など 色んな場面でこの力を使ってみたら面白いですね。


今日は野球組に火が点いて、消火するのがめんどくさかったです。
野球ねぇ……。

ではまた。長文失礼しました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
哲学と野球の増殖がきになる
ムラマツ 2009/06/16(Tue)13:14:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 立命・文芸創作同好会 -活動日誌- ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]