忍者ブログ
毎回の活動を、当日参加した会員が交代で記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【活動日】4月24日
【記録者】林
【時間】6時~8時
【場所】図書館第四グループ閲覧室
【参加人数】5人

今回は智東氏の「受験期のこと」の合評を行いました。


「土地」に関わって
 ・固有名詞を用いることで土地に関する描写を行っている
   →土地らしさが表れているといえるのか?
   →他の土地で入れ替えても違和感がなさそう
   →生活感がしない
 ・羊という動物は土地の独自性が出ていていい
主人公の印象・会話について
 ・高校生にしては大人びている
 ・冗談でいうことじゃない会話がある
   →不思議でこれはこれでいいという意見も
全体的に
 ・村上春樹っぽい
 ・文章が区切ってあって読みやすい
 ・何で予備校に行くことにしたの?
 
 今回のテーマが「土地縛り(出身地、もしくは京都)」ということで、やはり土地に関わった意見が多く出ました。
 やはり固有名詞(駅名等)は出したくなりますが、それだけでは土地の独自性を読者に伝えるのは難しいようです。
 また、土地の「歩き方」についても話題に上がりました。今回の主人公は予備校をさぼる「暇つぶし」としてフラフラ街を歩くというスタンスでしたが、生活する人間でしか分からない歩き方や風景を描くことによって、小説に「生活臭」が出てくるのではないか、という話です。

 テーマ小説「雨」もありますが皆さん頑張りましょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 立命・文芸創作同好会 -活動日誌- ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]