忍者ブログ
毎回の活動を、当日参加した会員が交代で記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だいぶ更新が遅れてしまい、すいません。やろう、やろうとは思っていたのですが。

【活動日】六月二十九日
【記録者】いちよし
【時間】六時から七時
【場所】図書館第六グループ閲覧室
【参加人数】六人

小柳優斗さんの「魃(ばつ)」を合評しました。

・漢字で読みづらい。→登場人物が一人も読めず、作品に入り込めない。
・話の内容が面白い。→作者の特徴とも言える説教臭さがなかった。
・「ばつ」が回想した後に、何も変化が訪れない。
・名詞で物語を進めている感じがある。
・「ばつ」の身体的特徴を書いている部分があるが、肝心な性別が分からない。
・戦闘シーンの動きを想像しやすい。→ファンタジーはイメージをしながら読むもの?
・親と子の考え方の違いの部分を深く掘り下げるのもおもしろいかも。
・内容や漢字の読みづらさは、読む人を規定する。→果たしていいのか、悪いのか。

この作者さんの作品が出るといつも話題になるのが、「よみやすさ」についてです。びっしりとしていて行間がなかったり、漢字が難しかったり。
あと「ばつ」の特徴を細かく書いていても肝心な性別が分からないという意見が出ました。この物語では汚れで天に帰れなくなるのですが、そこにジェンダーについての問題が関わってくるかもしれません。その後に出てくる「女神」という一単語だけで女性それも神ということを説明しているのはどうか。前に出てくる「ばつ」の描写に意味はあるのか。

この作品は「山海経」という漢詩文?を訳したものだそうです。作品の内容には手を加えていないそうです。

これは書けといわれているので書きますが、夏休み増刊号の機関誌の締め切りまであと四十日となりました。超長編でも超短編でも、はたまた詩でも良いということらしいです!「ふっ、しょせん詩なんて」と斜に構えてるそこのあなた!これを機会に作ってみるというのもまた一興ではありませんか。新たな才能が光るやも。

さて初夏のさわやかな涼しさはどこへ行ってしまったのか、毎日三十度に迫る猛暑です。みなさんは夏休みに向け、計画を立てているでしょうか?僕は皆無です。あ、合宿楽しみです!
なんかここまで書いていて、うまくまとまらないなあと切に感じます。
肉を食して夏を乗り切れ!この夏の僕のキャッチコピーです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 立命・文芸創作同好会 -活動日誌- ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]