忍者ブログ
毎回の活動を、当日参加した会員が交代で記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【活動日】11月13日(木)
【記録者】曽我部
【時間】18時から19時半まで
【場所】図書館第5グループ閲覧室
【参加した人数】8人
【活動内容】前日に続き市川太郎『ムンクのオレンジ/トイレットペーパー』と『ボレロ』の合評

日誌書くの遅れましたすみません、副会長の曽我部です。
例会が終わって図書館を出ると、満月がきれいでした。
約1ヵ月ぶりに日誌を書きますが、そういえば前に日誌を書いたときも満月でした。
血が騒ぎます。

前日に続いて市川くんの作品を合評しました。
ひとつ前の日誌で市川くんも書いているように、昨日の例会では疑問符が飛び交いましたが、
今日の例会は人も大勢集まったこともあって疑問に合わせていくつか議論が交わされました。

『ムンクのオレンジ/トイレットペーパー』合評
田島会長がムンクの画集を持ってきてくださったので、作中に出てくる絵、『叫び』と『不安』をみました。
視覚的なデータがあるのとないのとでは作品の捉え方も変わりますね。
以下、合評で出された意見。
・(昨日に続いて、やっぱり)わけわかんねえ
・けど、読み解きたいなと読者に深く読ませてしまう構造をしている、その演出はうまい
・だけどゃっぱり考えてもわかんねえから追いかける気失くす
・結局何の意味があるのか、なんなんだこれは
・ああでも2、3回読ませる力がこの作品にはある、っていうとこで作者の勝ち
・描写に対する価値判断がない、心理描写が少ない、という点で「ハードボイルド調」な文章
・作者は朝と夜の男を同一人物ではないという風にも読んでほしかったらしいが、合評に参加した会員全員が「同一人物」と読んだという点で、作者の意図通りにはいかないな、と
・実験的な、挑戦する姿勢はとてもいい
・ただ、読者にもっとヒントを与えて、読ませる技術も必要ですよね

個人的には『ムンク~』の作品の雰囲気はだいすきです。まあ、わけわかんなかったけど。
これがもっとちょっとでも「わかる」部分を持ったら、すごいいいんじゃないかと思う。

『ボレロ』合評
・舞台みたい。オペラを文章化した、みたいな
・短編でできることが広がったんじゃないかなあ、と思わせてくれた
・人物に自由意志がなくて、誰かが動かしているような感じがする
・わからなすぎてだんだん腹が立ってくる
・いや、僕はわからなくて逆に想像力がかきたてられました
・あ、ぼくは「ボレロ」聴いたことがあるんで、なんかわかりました。そのままだなーって
・音楽の「ボレロ」を文章で表現したらこんな感じだろうなっていう、表現の練習では秀作だけど、小説(?)としてはどうなんだろう

音楽からつくられた物語や詩がサークルで提出されたのはわたしが知っている限りでははじめてかと思います。
挑戦的ですね。田島会長もおっしゃってましたが、実験的な作品を書いた時に、うちのような規模の小さいサークルだとすぐに合評という形で人の意見が聞ける、実験の結果データが取れるので、いいんじゃないかと。
どんどん新しいことをしていくという姿勢は見習いたいです。
昨日、今日と、市川くんの作者あとがきを聞いていて、音楽とか絵画の知識があるのっていいなーって思いました。
モリス・ラヴェル、とか、生命のフリーズとか、モンタージュの技法とか、なんとか、うん、知識があるだけじゃなくて、それをオマージュしちゃうくらいすきになれる近い距離で芸術を自分の生活範囲で楽しんでいるというか。

わたしのすきな芸術作品は、前会長ムラマツさんによる、ムンクへの壮大なオマージュをはじめとする「ふしぎ絵画」です。

うーん、これで今度の機関紙の原稿は全部出そろったのかな。
ということで、新しく作品が提出されたり急用が出来たりしなかったら、来週の例会はお休みです。
皆さん、テーマ小説を書きましょう。姉!

早いことでもう11月も半分が終わりました。
機関紙の印刷、発行をしたらあっという間に12月ですね。もう今年も終わりですね。
皆さん、お願いだから忘年会の出欠の返事を曽我部までお願いします。
OBの先輩方にもぜひ参加していただけたらなと思います。

あー寒い。
大阪ではインフルエンザがはやってるとか。
皆さん体調に気をつけましょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
私の絵がムンクの影響を受けていると、よく見抜きました。
ムラマツ 2008/11/16(Sun)02:14:35 編集
» 無題
私、うそつきは嫌いです。
ちとー 2008/11/16(Sun)16:46:18 編集
» 無題
>ムラマツさん
そこはかとなく高尚なオーラが漂っているのですぐに分かりました

>ちとーさん
小説家は皆すてきなうそつきです
曽我部 2008/11/16(Sun)17:00:02 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 立命・文芸創作同好会 -活動日誌- ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]