忍者ブログ
毎回の活動を、当日参加した会員が交代で記録。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日誌の更新が遅れてしまって申し訳ありません。
会長の曽我部です。

【活動日】2月2日(月)
【時間】14時40分から18時まで
【場所】図書館第3グループ閲覧室
【参加した人数】8人

テスト期間を挟んで、久しぶりの活動です。
春の増刊号の原稿を一気に4作品、合評しました。

●すてぃんがー『敵前逃亡――女性からの遁走をめぐる諸議論』
・前作と比べて読みやすい、読者を意識したものになっている。
・登場人物に動きがない、という点で、もっと別の書き方があったのではないか?
・「、」「。」の使い分け、方言を書くことについて。リズム感。
・分量のわりに情景描写が多い。海の描写がうまい。
・議論がメインのわりに、最終的に出されるおじいさんの意見が目新しいものではない。
・ある小説の一部分を切り取ってきた、という印象を受ける。(序章、あるいは最終章)
・ひらがなの多用で雰囲気を作っている。

●水沢暮『海と下着泥棒』
・海ってつい告白してしまう場所なんだろうか。
・青春かと思った。
・情けなくて笑える。(作者の意図するところではない)
・こうなってしまった彼ら、ではなく、なぜ彼らがこうなってしまったか、を書いてみてほしい。
・マスターベーション的な社会参加をする彼らの、根本的なところが見えてこない。
・タイトルに「下着泥棒」って入れない方が、のとのとストーリーで意外性があっておもしろいんじゃないか。
・会話文がかたい。
・現状の認識と諦めで終わっているので、これから何か進んでいくという感じがしない。

●高瀬『ヘリコプターの行方とあたしのセックスの記録』
・セックスに重点を置きすぎているのでは?
・セックスばかりで人物像が描かれていない。
・中学生がここまで真剣にセックスについて考えるだろうか。
・生理の描写が長くてとにかく気持ち悪くて嫌だった/気持ち悪くて良かった
・主人公むかつく、男性を蔑視している/「しいちゃん」出してるからそうでもないんじゃないか
・男性器、女性器の呼び方について。
・擬音の多用など、主人公の無垢さアピールが酷い。
・処女性について触れられていないのはなぜか。
・男性読者の共感は得られない。
・おじさんとのセックスシーンがAVっぽい(作者の意図する効果ではない)
・(合評の場に男性しかいなかったので)女性の意見が聞きたい。

●高村綾『植物少年』
・植物が全体に関わっていて、一貫性があって読みやすい。
・ジャージの伏線がうまい。
・最初に出てきた短歌が最後まできいてていい感じ。
・いつもながら文章がうまいところに感心する。
・ストーリーが丁寧なのに、最後だけ雑。
・金具を噛んだだけで「好き」と認識するというのはちょっと弱い。
・男がすきな女性を見る目線が生々しく書かれていた(男性会員口々に同意)
・全体的にえろい
・一般的ではない恋愛(レズビアン)に対する悪意を感じた。攻撃している?
・チューリップの花占いの結果が気になる。

これから校閲、編集、輪転かけて、増刊号は製本に出します!
お金をかけたきれいな冊子で新入生の目を引きつけてやろうという魂胆です!

今回合評した4作品中、3作品で「海」が描かれました。
これは、なんでなんだろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
 お疲れ様です!
 いやぁ、今回は若い力が伸びてる感じがしてにやにやする作品ばっかでした。しかしいっつも合評遅刻してごめんね……笑
 ところで最終締め切りっていつ??
高村 2009/02/05(Thu)09:20:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 立命・文芸創作同好会 -活動日誌- ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]